コミック「はちみつというバタフライ」を読んで

ツキ村アルト君のアニメ「はちみつというバタフライ」を読みました。

様々な仕事場があるストリートを舞台に、職人といった職人を補佐するプロップマンのヒトフィーリングを描いた短操作だ。

ゼロ会話視線は、人形仕事場の職人ニコラのはなしでした。

人形誕生においては天才的な技量がありながら、それ以外のことはまるっきりまともにできず、付き合いも苦手なニコラ。

これまで何人ものプロップマンに逃げられているのですが、新しくやってきたレオンはそういう二コラって仲良くなろうといった奮闘します。

二コラに振り回されながらも、どこまでもきめ細かいレオンがほんとにいい人でなごみました。

二会話視線は香水仕事場のシェリーというそのプロップマンですアルマの物会話でした。

民衆の面前で頭からバケツ一杯の紅茶をかぶったり、様子につられて動揺を繰り返したりという、奇行の際立つシェリーのパーソナリティが面白かっただ。

そうして三会話視線はリング仕事場の職人ジルといったそのプロップマンですリタの物会話でした。

こういうジルが、軽々しいメロディーで生易しいワードをささやきめくるプレイボーイタイプで笑えました。

こんなジルをかしこくあしらいつつ助けるリタには、甚だしく好感が持てました。

全体を通してファンタジーというかわいらしい考え方が広がっていて、きめ細かい気持ちになれる素敵なゼロ冊でした。ファンケル クレンジング